インバウンドが盛んな都道府県は?外国人観光客数(延べ宿泊者数)のランキング(2019年)

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。毎年、お問い合わせの多い「外国人延べ宿泊者数」について、最新の結果を本日はご紹介したいと思います。なお、年度ではなく暦年の結果であるため、新型ウイルスの影響が出始めた2020年1~3月の結果は含んでおりませんので、ご注意ください。

※昨年の結果は「インバウンドが盛んな都道府県は?外国人延べ宿泊者数の都道府県ランキング(2018年)」をご覧ください。

 

インバウンド 宿泊 旅行者 外国人

※日帰りを含めた外国人観光客の動向を正確にとらえることは難しいことから、今回は、宿泊施設に宿泊した人数である「延べ宿泊者数」を観光客に置き換えて把握することにします。

外国人延べ宿泊者数の推移(2019年)

2019年の外国人延べ宿泊者数については、観光庁『宿泊旅行統計調査』を使って、その人数を確認したいと思います。

まずは、2019年の「外国人延べ宿泊者数」をみると、前年比22.7%増の約1億1,565万人泊となりました。依然として高い伸び率で推移しており、外国人延べ宿泊者数は過去最多を更新し、はじめて1億人に達しました。

宿泊統計・外国人・延べ宿泊者の推移・2019年

同様に私たちが住む新潟県の「外国人延べ宿泊者数」をみると、前年比18.7%増の約48万人泊と調査開始以来、最も多い人数となりました。ただし、2011年を基準にすると、上昇率は全国を下回って推移しています。

都道府県別にみた外国人延べ宿泊者数(2019年)

次いで、2019年の「外国人延べ宿泊者数」を都道府県別にみると、最も宿泊者数の多い都道府県は東京都となっています。以下、大阪府、京都府、北海道、沖縄県などが続いています。上位の都道府県は昨年と大きく変わりがありませんが、京都府が順位を1つ上げました。

なお、前年比増加率をみると、京都府が前年比91.9%増と約2倍に増加しており、外国人旅行者の人気がより一層高まった年となったようです。そのほかでは、山形県(前年比43.2%増)、島根県(同43.1%増)、香川県(同41.3%増)、宮城県(同40.0%増)、静岡県(同39.0%増)などで特に高くなっています。

宿泊統計・外国人・延べ宿泊者・2019年

一方、新潟県は前年比18.7%増の26位と中位からやや下位に位置しており、順位は昨年と同じままでした。隣接県と比べると、富山県の30位、群馬県の35位、山形県の36位、福島県の40位よりも上位となっているものの、長野県の13位よりも下位にとどまっています。

外国人延べ宿泊者数の割合(2019年)

さらに、「外国人延べ宿泊者数」という人数(規模)だけではなく、日本人などを含めた「延べ宿泊者数」全体に占める「外国人延べ宿泊者数」の割合も確認してみたいと思います。人数だけでは分からない、インバウンドの「盛り上がり度」をみてみましょう。

「延べ宿泊者数」全体に占める「外国人延べ宿泊者数」の割合を算出すると、京都府が39.1%と最も高い割合となっています。昨年より8.5ポイント上昇し、40%に迫る水準に達しています。以下、大阪府、東京都、北海道、沖縄県などが続いています。上位の都道府県については、京都府が順位を2つ上げた以外は、昨年と概ね同じような結果となっています。

宿泊統計・外国人・延べ宿泊者の割合・2019年

一方、新潟県の順位は昨年と同じく36位と低迷しています。先ほど示した「外国人延べ宿泊者数」の順位(26位)よりも低い水準にとどまっています。

なお、全国1位~3位の京都府や大阪府、東京都の割合をみると、「延べ宿泊者数」全体に占める「外国人延べ宿泊者数」の割合が40%近くに達する一方、全国39位以降の都道府県では、1%~3%台にとどまっています。外国人の旅行者が宿泊する地域と、そうでない地域の差がいかに大きいかが理解できる数値となっています。

月別の推移(2019年)

続いて、月別の宿泊者数の推移も確認してみます。全国的には4月が最も多く、以下、7月、10月の順位となっています。反対に9月のほか、やや冬場が少ない傾向となっています。

宿泊統計・月別・外国人・延べ宿泊者の推移・2019年

なお、新潟県では、スキー場を訪れる外国人宿泊者が多いこともあり、12~2月に宿泊者が集中しています。その一方、冬場以外は低迷しています。

宿泊統計・月別・新潟県・外国人・延べ宿泊者の推移・2019年

国籍(出身地)別にみた外国人延べ宿泊者数(2019年)

参考までに「外国人延べ宿泊者数」を国籍(出身地)別にみると、中国が最も多く、以下、台湾、韓国などが続いています。昨年と同様に、上位3か国の順位に変わりはありません。このうち、中国は前年比 34.7%増と依然として高い伸び率を続けています。

国籍別・外国人延べ宿泊者数・2019年

※国籍(出身地)別にみた外国人延べ宿泊者数は「従業者数10人以上の施設」に対する調査の結果です。

なお、上位3か国において、都道府県別の宿泊者数をみると、いずれの国籍(出身地)とも東京都や大阪府などでの宿泊が多くなっています。さらに北海道、沖縄県、京都府などに宿泊する外国人旅行者も多くなっています。

ただし、中国では静岡県、神奈川県、山梨県などがトップ10入りしているほか、台湾では長野県、兵庫県、韓国では九州地方なども人気となっており、国籍(出身地)ごとの特徴もみられます。

宿泊統計・国籍別・都道府県別にみた・外国人・延べ宿泊者・2019年

一方、新潟県では台湾が最も多く、以下、中国、香港、オーストラリア、韓国の順です。中でも、2019年はオーストラリアの伸び率が高くなっています。

宿泊統計・新潟県・国籍別にみた・外国人・延べ宿泊者・2019年

※国籍(出身地)別にみた外国人延べ宿泊者数は「従業者数10人以上の施設」に対する調査の結果です。

まとめ

2019年の 「外国人延べ宿泊者数」は全国および新潟県とも順調に増加していることが確認できました。

その一方で、京都府や大阪府、東京都のように「外国人延べ宿泊者数」の高い伸び率が続き、宿泊者数全体に占める「外国人延べ宿泊者数」の割合が40%近くにまで高まっている地域があるのに対して、その割合がいまだ1%~3%にとどまっている地域もあり、地域間の格差は開いたままです。

なお、2020年に入ってからは、新型ウイルスの影響により、外国人旅行者の誘客は極めて厳しい状況にあります。当面は感染拡大の防止策を徹底しながら、日本人の需要掘り起こしを優先せざるを得ない状況にあります。宿泊業における今後の経営のヒントとして、「引き算の経営」などの投稿もあるので、ご参照いただければ幸いです。

=====

参考:本調査の調査対象は以下のとおりです。

統計法第27条に規定する事業所母集団データベース(総務省)を基に、国土交通省観光庁で補正を加えた名簿から、標本理論に基づき抽出されたホテル、旅館、簡易宿所、会社・団体の宿泊所など。

調査対象施設については、従業者数に応じて以下のとおりとなります。

 従業者数10人以上の事業所 : 全数調査

 従業者数5人~9人の事業所 : 1/3を無作為に抽出してサンプル調査

 従業者数0人~4人の事業所 : 1/9を無作為に抽出してサンプル調査