部活動の人数 スポーツ競技種目別の人気ランキング(2021年)【高校生編】

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

本日は当ブログの中で比較的アクセス数の多い「高校生のスポーツ種目別の競技人口」の最新結果(2021年)を詳しくご紹介したいと思います。

 

高校生スポーツ部活動人口

スポーツ競技別の人数

公益財団法人 全国高等学校体育連盟「加盟・登録状況」¹をもとに、競技別の加盟人数(2021年8月現在)をまとめたのが、下の表です。

高校生・スポーツ競技別人口

男子高校生の順位

男子については、サッカーの競技人口が152,751人で第1位。第2位の約1.8倍の人数となっています。その第2位はバスケットボールで85,358人、第3位がバドミントンで68,618人となっています。以下、陸上競技、卓球、バレーボール、テニス、ソフトテニス、弓道の順位でした。

なお、野球は公益財団法人 日本高等学校野球連盟²で統計をまとめており、参考までに2021年5月末の人数をみると、硬式野球で134,282人となっています。サッカーより約18,000人下回っているものの、バスケットボールに比べ約49,000人上回っている人数です。

女子高校生の順位

女子については、バドミントンの競技人口が56,681人で第1位。第2位を約760人上回りました。その第2位はバレーボールで56,117人、第3位がバスケットボールで54,844人となっています。例年通り、第1位~第3位の人数は僅差でした。以下、弓道、陸上競技、ソフトテニス、テニス、卓球、ソフトボール、ハンドボールの順位となりました。

スポーツ競技別人数の長期推移

次いで、競技別の生徒数の推移を長期的に確認してみましょう。

グラフは以下の通りとなっており、男女とも少子化の影響で多くの競技人口が長期低落傾向にあります。

スポーツ競技人口・男子

男子高校生・スポーツ競技別人数の長期推移

こうした中、男子では特に軟式野球の落ち込みが大きくなっているのが目立ちます。また、第1位の人気スポーツであるサッカーの競技人口も2016年の169,855人をピークに緩やかに低下し、5年連続で前年を下回っています。

一方、バドミントンとバレーボールの競技人口は長期的にみると、ともに増加傾向にあり、2021年には過去10年間で最も多い水準となりました。なお、その他の競技をみると、バスケットボール、卓球、弓道、ハンドボール、登山、空手道、アーチェリー、ボクシングなどが前年の人数を上回りました。

女子高校生・スポーツ競技別人数の長期推移

女子はバレーボール、バスケットボール、バドミントンに対する人気がやや突出しており、この3競技の競技人口は常に僅差となっています。2021年はバドンミントンが第1位でしたが、この10年間では初めてトップとなりました。

一方、弓道の競技人口は長期的にみると増加傾向にあり、2021年には過去10年間で最も多い水準となりました。また、卓球も底堅い人気を維持しています。なお、その他の競技をみると、ハンドボール、剣道、サッカー、空手道、登山、体操、新体操などが前年の人数を上回りました。

スポーツ競技人口・男子

新潟県のスポーツ競技別の生徒数

最後に、私たちの会社がある新潟県の数字も確認しておきましょう。

高校生・スポーツ競技別人口・新潟

新潟県の男子はサッカーの競技人口が最も多く、以下、バスケットボール、バドミントン、陸上競技、卓球、バレーボール、ソフトテニス、テニス、弓道などの順位となりました。全国の順位とほぼ同じ順位となっており、ソフトテニスとテニスの順位のみが入れ替わっているだけです。なお、日本高等学校野球連盟に加盟している硬式野球の人数は2,505人となり、サッカーを230人下回る水準でした。

一方、新潟県の女子はバスケットボールの競技人口が最も多く、次いで、バレーボール、バドミントンと続き、以下、陸上競技、ソフトテニス、弓道、テニス、卓球、剣道、サッカーなどとなりました。全国の順位と比較すると、バスケットボール、陸上競技、ソフトテニス、剣道、サッカーなどは全国よりも順位が上位となっています。

感想

少子化の影響で競技人口が伸びにくい中、男子ではバドミントン、バレーボール、女子では弓道などが上昇している点が目立ちました。

今年は東京2020オリンピック・パラリンピックが開催されたことから、様々な競技が各種メディアで取り上げられました。そのため、メディアでの露出度などが来年以降の競技人口に影響を与える可能性がありますので、今後も統計データを確認していきたいと思います。

=====

過去の結果については、
部活動の人数 スポーツ競技種目別の人気ランキング【高校生編】
の投稿でまとめましたので、念のため、お知らせいたします。

=====

中学生については、以下の

部活動の人数 スポーツ競技種目別の人気ランキング【中学生編】

の投稿でまとめましたので、念のため、お知らせいたします。

=====

ウィンタースポーツについては、以下の

冬季オリンピックで実施されるウィンタースポーツの競技人口は?【高校生編】

の投稿でまとめましたので、念のため、お知らせいたします。

=====

1

公益財団法人 全国高等学校体育連盟「加盟・登録状況」の統計データを活用させていただきました。この場を借りて感謝申し上げます。
2

公益財団法人 日本高等学校野球連盟 の統計も活用させていただきました。 この場を借りて感謝申し上げます。