数字を2回使ったキャッチコピー

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

本日は、定期的に掲載している 「事例で学ぶ!キャッチコピーの作り方」の第103回です。

優れたキャッチコピーは集客や売上アップに大きな影響を与えます。ビジネス心理学講師 酒井とし夫氏が雑誌・新聞・Webサイト・書籍などで見つけたお手本となるキャッチコピーを解説します。コピー作りの参考としてご活用ください。

 

売れるキャッチコピーの作り方

売れるキャッチコピーの作り方

酒井とし夫先生のワンポイント広告コラム

今回のお手本キャッチコピー

『受講生数のべ153万人を突破した人気の2大ヒミツ!』

数字を含めて訴求効果を高めるのはキャッチコピー作りの定番ですが、最近はこのキャッチコピーのように数字を2カ所以上に含めたコピーをよく目にします。

例えば、

「創業100年の老舗を支えた2つの手紙」

「3カ月で7.5kgのダイエット!驚異の3分間ストレッチ」

「5分で身につくビジネススキル!人を引き付ける話し方3つのステップ」

といったコピーです。

最近、よく目にするということはそれだけ私の関心を惹きつけているということですから、広告コピーとしての訴求効果がある、ということですね。




酒井とし夫(2018)「ワンポイント広告コラム」『センター月報』2018年10月号

感想

本ブログでも過去に数字を使ったキャッチコピーを何度かご紹介してきました。

例えば、

数字を活用!~事例で学ぶ!キャッチコピーの作り方・24~

数字を使ったキャッチコピー~化粧品店のPOP広告事例~

日本一な○○~数字を使ったキャッチコピー~

第1位の○○~数字を使ったキャッチコピー~

数字・権威効果・フィアアピールを活用したキャッチコピー

などです。

数字を使用すると、納得感が高まります。数字を1回使っただけでも納得感や信頼性が高まるわけですから、2回使用すれば、それ以上の効果が期待できるのかもしれません。