「アナタにいま足りない力とは?」~短所にフォーカスしたキャッチコピー~

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

本日は、定期的に掲載している 「事例で学ぶ!キャッチコピーの作り方」の第101回です。

優れたキャッチコピーは集客や売上アップに大きな影響を与えます。ビジネス心理学講師 酒井とし夫氏が雑誌・新聞・Webサイト・書籍などで見つけたお手本となるキャッチコピーを解説します。コピー作りの参考としてご活用ください。

 

売れるキャッチコピーの作り方

売れるキャッチコピーの作り方

酒井とし夫先生のワンポイント広告コラム

今回のお手本キャッチコピー

『○○のためにアナタにいま足りない力とは?』

人は自分の長所ではなく短所や足りない部分に目が向きがちです。特にまじめな人ほど自分の不足している部分にフォーカスします。そのためこのようなキャッチコピーパターンも読み手の興味を引くことが多くなります。

「良き上司になるためにアナタにいま足りない力とは?」

「老後の資産を築くためにアナタにいま足りない力とは?」

「子供と良い関係を築くためにアナタにいま足りない力とは?」

「婚活中のアナタにいま足りない力とは?」

「海外で人脈を広げるためにアナタにいま足りない力とは?」
といった応用になります。


酒井とし夫(2018)「ワンポイント広告コラム」『センター月報』2018年9月号

感想

特にまじめという訳ではないのですが、「 アナタにいま足りない力とは? 」という表現に触れると、ドキッとします。恐らく、人は自信満々に生きているのではなく、多かれ少なかれ、どこか自信がない部分があるからなのだと思います。

そのため、ただ単にドキッさせるだけではなく、このキャッチコピーの後に、その不足を埋めるための前向きな提案があると、より良い表現になるのでは?と感じました。