ブログを続けるためには…

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

私どもの機関誌「センター月報」では、毎月、ビシネス心理学講師 酒井とし夫氏より、商売に役立つ心理学的なヒントやアイデアなどをご紹介いただいております。

今月の「センター月報8月号」では、 先月に引き続きオンラインの活用方法をテーマ にご寄稿いただきました。本日はその原稿の一部をご紹介いたします。

 

ブログの書き方

ブログの書き方

先日、地元で「100年に一度の大変化をビジネスチャンスに変える!小さな会社やお店のSNS活用法」をテーマにした講演会に登壇しました。
 
「この時期の開催なので参加者は10名くらいかな?」と想像していましたがなんと約50名のご参加がありました。あらためてビジネスでのオンラインやSNS利用に対する関心の高さを認識しました。
 
そこで前号では、これから商売とビジネスでのオンライン利用が加速することを想定して、SEOやYouTube、LINE公式アカウントの使い方を紹介しましたが、引き続き今回もオンラインをテーマにお話をしますのであなたのSNS活用にお役立てください。
 
今回はブログのお話をしましょう。
 
(中略)
 
あなたが独自に考え出した企画記事や紹介記事は評価されやすいのですが、問題は継続的にそのような記事を投稿するのが難しいということです。
 
そこで活用したいのがお客様の声です。お客様の声はお客様が商品やサービスについて感じた感想であり体験です。同じコンテンツがほかに存在することはありません。これは完全なオリジナルコンテンツといえます。
 
お客様からいただいた感想、お手紙、ハガキ、メールにはSEO対策用のキーワードが含まれていることが多いうえに、しかも、ハガキやお手紙で書かれた文章は文字数も多いので、コンテンツのボリュームも膨らみます。
 
日頃からお客様の声を集めるようにしていれば、日々の投稿記事に困ることもなくなります。いただいた感想の個人情報が特定できる部分にはボカシ処理を施し、お客様に了解を得て掲載をします。
 
ただし、感想、お手紙、ハガキ、メールの画像だけをキャプチャーして投稿してもSEO効果は期待できませんので、必ずキャプチャー画像と文章の両方で記事を作成してください。



酒井とし夫(2020)「街でみつけた商売繁盛心理学 今すぐできる選りすぐりのアイデア 第53回」『センター月報』2020年8月号

感想

弊社のブログは研究員同士で分担して投稿しているので、続けられていますが、それでも大変なときがあります。ましてや書き手が一人といったケースでは、オリジナルのコンテンツを投稿し続けるのは、難しい面が多いと思われます。

そこで、酒井先生が提案されたように、お客様からいただいた感想や、お手紙・ハガキ・メールで寄せられたお客さまの声を活用するのはとても良いアイデアだと感じました。

このように、 通常の企業活動の中で 既に何かしら取り組んでいる事柄などを上手くブログに取り入れることで、手間をかけずに、かつ有益な情報が提供できる余地があるのではないでしょうか。 例えば、FacebookやInstagramなど、別の媒体で発信している情報を編集し直して、ブログに投稿するのも良いと思います。また、自分自身が参加した会議や研修会内容・感想などをブログに投稿するのも良いでしょう。 自分の仕事をいま一度振り返ってみると、きっとブログに書けそうな業務・取り組みが見つかると思われます。