小規模事業者や個人事業主こそ活用したい!購入型のクラウドファンディング


新潟経済社会リサーチセンターの銀山です。

先日、購入型のクラウドファンディングをテーマに講演会の講師を務めさせていただき、聴講された方から「小規模事業者や個人事業主でも、活用するメリットはありますか?」との質問をいただきました。

そこで、今回は小規模事業者や個人事業主の方にこそ、購入型のクラウドファンディングを活用するメリットが多いということをお伝えいたします。

 

調査

 

 

小規模事業者や個人事業主が抱える課題を解決できる

小規模事業者や個人事業主が一般的に事業を行なっていくうえで、ある程度の規模の大きい企業などに比べると、下記のような課題を抱えている場合が多いと想定されます。

① 資金的な余裕がない

② 宣伝広告やPRが不足している

③ 人手が限られていて、短期間の供給量に制限がある

一方、購入型のクラウドファンディングを活用することで、これらの課題を解決することが期待できます。

購入型のクラウドファンディングとは

購入型のクラウドファンディングは、小規模事業者や個人事業主などの資金調達者が提供する商品・サービスをリターンとし、広く支援(購入)を募る仕組みです(図参照)。商品やサービスの特徴や使用するメリット、開発経緯などを記載したプロジェクトページを作成して、支援を広く呼びかけ、支援金を集めます。そして、支援者に対して、商品やサービスを提供していきます。

クラウドファンディングの仕組み

 

 

 

クラウドファンディングとは

 

 

 

購入型のクラウドファンディングの効果

①商品の製造やサービスを提供する前に資金調達ができ、余裕を持った資金繰りができる

②クラウドファンディングの専用サイトを通じてPRができる

③資金が集まってからリターンを準備することができるので、計画的に生産したり、サービスの提供準備ができる

まとめ

クラウドファンディングは上記のような効果があることから、事業者に活用が広がっています。規模のある企業でも積極的に活用しているところは多いですが、小規模事業者や個人事業主こそ、活用のメリットは多いと思っています。

もちろん、クラウドファンディングで全てのプロジェクトが成功しているわけではありませんが、支援が集まらなかった原因を把握することで、次につなげられます。初期費用がかからないクラウドファンディングの専用サイトは多いので、トライアンドエラーを繰り返しながら、改善していけることもメリットの1つだと感じています。

この他のクラウドファンディングに関する記事も掲載しているので、よかったら見てみてください。