早期離職しないために、就職活動時にやっておきたい3つの情報収集!

 

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの銀山です。

突然ですが、新入社員は入社3年以内に3割が辞めるといわれています。そんななか、先日、新聞記者の方から、どうしたら学生が早期離職しないのかというテーマで取材を受けました。そこで、本日は早期離職しないために就職活動時にやっておきたい情報収集を3つご紹介したいと思います。

 

新潟 就職活動

 

①インターンシップへの参加やOB・OG訪問をする

学生の方は就職する前と、就職した後ではイメージのギャップが大きいと、そこで失望してやめてしまう傾向があるようです。独立行政法人労働政策研究・研修機構が行なった「初職が正社員であった離職者の初職を辞めた理由」のアンケート結果では、労働条件や人間関係などがよくなかったという理由が上位にあげられています(図表参照)。

 

 

そこで、イメージと現実のギャップを縮めるためにインターンシップへの参加や、OB・OG訪問をお勧めします。

県内の企業ではインターンシップなどに積極的に取り組んでいる企業が多いので、こうした体験を通じ、想像しているイメージと実際のギャップを縮めることが効果的です。また、OB・OG訪問して、実際に働いている人の声を聞いてみることも有効でしょう。

 

②指導体制やフォロー体制

どんなに良い会社に入っても、学生から社会人になって、戸惑うこともあり、だれしもが辞めたくなる瞬間はあると思います。そんなときに、同じ目線で相談に乗ってくれる先輩社員がいたら、良いですよね。

以前はベテラン社員の厳しい指導で辞めてしまうケースも多かった会社が、年齢が近く悩みや苦労を共有できる若手社員を指導役・フォロー役にすることで、早期退社率を低減した企業があります。そこで、会社説明会のときなどに新入社員に対する指導体制やフォロー体制を企業の担当者に確認してみることをお勧めします。

 

③労働条件面を確認しておく

近年、働き方改革などが叫ばれ、学生側も給与面の処遇のほかに、働きやすい環境かどうかというところに注目している人が増えてきているように感じます。企業側も働き方改革に対する意識は高まっていますので、長時間労働削減への取り組みやフレックス制度の実施など、働きやすい環境の実現に向けた取り組みをしているかどうかを企業の担当者に聞いてみることもお勧めです。

また、社員の平均勤続年数を確認して、長く努めている人が多いのかを調べることも働きやすい企業かどうかの目安となる指標となります。平均勤続年数は企業担当者に直接聞くか、「新潟県会社要覧」で調べるなどして把握することができます。

 

まとめ

今回ご紹介した点のほかにも、やりたい仕事をやれるかどうか、転勤の有無など様々な項目を就職活動時には調べることが必要です。就職活動中は多忙ですので、情報を多く集めることは大変だと思います。しかし、前掲のアンケート結果では、労働条件や人間関係、仕事の適性の不一致などが退職理由の上位を占めています。

就職は人生において大きな節目です。就活中の方がアンケート結果で上位にあった項目などを中心に情報を多く集めて、納得できる就職ができることを期待しています。

なお、自分にあった新潟県内企業を探す方法は、以前に書いた就職活動生向けのブログを参考にしてみてください。