手書きPOP広告を使った情報発信方法・・・柏崎市連合商工会・研修会

 

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの江口です。

先日、柏崎市で「手書きPOP広告作成」のセミナー講師を担当しました。色々な業種の経営者の方々とお話ができ、とても楽しかったです。

その際、受講者が作成した手書きPOP広告をお一人ずつ発表いただきました。それをお聞きしながら改めて感じたことは、「地元でしっかりと会社経営されている方々には、素人にはわからない様々な知識・体験・エピソードがあるものだなぁ」ということ。

今回は、柏崎市連合商工会様の研修会の様子をレポートします。

 

手書きPOP広告の書き方

手書きPOP広告については、いつもどおり

  1. 商品名から書かない
  2. 書く順番を意識する
    (①キャッチコピー→②説明文章<商品の特徴やお客様のメリット>→③商品名と価格)
  3. まずはやってみる

ことに注意しながら、チャレンジしてもらいました。

特に今回は、「長年、地元で経営してきたからこそ知っている情報」を、POP広告を使ってお客様に伝えしてみましょう、といった点を強調して説明したつもりです。

 

当日の事例

生まれて始めてPOP広告を書かれた人が多かったと思うのですが、一生懸命に頑張っていただきました。

 

弁当のPOP

▲お弁当のPOP広告

 

トイレのPOP

▲トイレ・床パネル等のPOP広告(興味のある主婦の方が多いのでは?)

 

日本酒のPOP

▲日本酒のPOP広告

 

ペット用墓石POP

▲ペット用墓石のPOP広告

 

自動車のPOP広告

▲自動車のPOP広告(クリックすると、写真が拡大します)

 

墓石のPOP

▲墓石サビ抜きのPOP広告

 

▲POP広告の作成中!

▲POP広告の作成中!

書いたご本人一人ひとりから発表していただいた際には、他の受講者からは「へ~」「ほ~」「お~」といった声がとても多く聞かれました。

私自身も「なるほど~」「さすが!」と唸る情報が多かったです。

 

最後に

今後は、「長年、地元で経営してきたからこそ知っている情報」を手書きPOP広告はもちろんのこと、ニュースレター、blog、Facebookなどを通して、継続的に発信していただければなあ…と思います。

そうすれば、きっと今まで以上に地域に愛される会社になるはずです。もちろん、引き続き、私も応援したいと思います。受講者の皆様、一緒に頑張っていきましょうね。