【柏崎地域編】新潟県の人口減少問題のポイントとは?

 

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

本日は、「新潟県の人口減少問題のポイントとは?」の7回目として、柏崎地域の柏崎市・出雲崎町・刈羽村の1市・1町・1村の「国勢調査」を使った年齢別の人口の増減状況についてみていきます。

いつものように、グラフの見方については「ズバッと解説!新潟県の人口減少問題のポイントとは?」をご覧下さい。

 

柏崎地域は中年層の転出入がほぼプラスマイナスゼロ

まず、1市・1町・1村を合計した柏崎地域全体の状況をみると、平成12年~17年・平成17年~22年の両期間において、「30~34」歳の年齢層が転入超となっています。また、平成17年~22年では、「25~29」歳が160人あまり転入超となっているほか、「35~39」歳から「50~54歳」の間の各年齢層とも、ほぼプラスマイナスゼロ付近で推移しています。

しかし、「15~19」歳の高等学校等の卒業時期や、「20~24」歳の進学・就職時期に大幅な転出超となる様子は新潟県全体や、これまでにご紹介した他の地域と同様です。

 

柏崎市の人口増減

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

新潟県の人口増減

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

 

出雲崎町と刈羽村は子どもが転入超

これを市町村ごとにみると、柏崎市は、地域全体の人口の約9割を占めていますので、先にみた地域全体の動きと同様となっています。

一方、出雲崎町と刈羽村では、平成17年~22年の期間において、「30~34」歳・「35~39」歳で流入超となっています。同時に、それらの年齢層の子どもの世代である「5~9」歳・「10~14」歳も流入超となっています。

また、この地域の市町村はいずれも、30歳代~50歳代の年齢層が、概ね転入超ないしはプラスマイナスゼロ近辺の水準で推移しています。これは、この地域特有の産業構造(原子力発電所や自動車産業、2つの大学など)による人の転出入が背景にあると思われます。

柏崎市の人口増減

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

出雲崎町の人口増減

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

刈羽村の人口増減

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

 

地域内の2つの大学を活かして若年層の流入を

上述のとおり、平成17年から22年の間は、30歳代から50歳代の年代で、人口が転入超ないしはプラスマイナスゼロの水準となっています。また、期間によって違いはありますが、「25~29」歳の年齢層でも転入超となっており、一定のUIJターンがある地域と言えます。これは、上述のとおり、この地域特有の産業構造が背景にあるのかもしれません。

今後は、以上の産業構造に依存することに加えて、地域内に2つの大学があることを活かした若者の流入・定着を図っていくことが一層求められるような気がします。