【下越南地域編】新潟県の人口減少問題のポイントとは?

 

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの小林です。

本日は、「新潟県の人口減少問題のポイントとは?」の4回目として、下越南地域の五泉市・阿賀野市・阿賀町の2市・1町の人口増減の状況について、「国勢調査」を使った年齢別の人口の増減状況についてみていきます。なお、グラフの見方については「ズバッと解説!新潟県の人口減少問題のポイントとは?」をご覧下さい。

 

下越南地域はほぼ全年代で転出超

まず、2市・1町を合計した下越南地域全体の状況をみると、平成12年~17年・平成17年~22年のいずれの期間においても「5~9」歳の時点で、わずかながらに転入超となっています。また、両期間とも「10~14歳」の時点ではほぼ±ゼロとなっており、小・中学生の時期の転出入による増減はほとんどないことがわかります。

その一方で、「15~19」歳・「20~24」歳では、新潟県全体の状況と同様、大幅な転出超となっています。加えて、「30~34」歳の結婚・出産・育児の時期を迎える世代の転出超がやや目立っています。

 

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

 

五泉市、阿賀野市、阿賀町とも同傾向

続いて、2市・1町それぞれの状況についてみてみましょう。

2市・1町とも、先ほどみた下越南地域全体のグラフの形状と概ね同様であることが分かります。つまり、いずれの市町とも、「15~19」歳・「20~24」歳で大幅な転出超となっているのに加え、「30~34」歳も転出超の状況にあります。

 

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

地域全体でUJターンをいかに進めるか

次に、20~30年前(昭和55年~昭和60年、昭和60年~平成2年)の2市・1町それぞれの人口の増減状況をみてみました。この時期は、2市・1町とも平成の大合併前ですので、合併前の市町村のデータを合計して比較しています。

これらをみると、2市・1町とも、全体的には最近の増減状況と大きな違いはありません。しかし、1点だけ大きく異なるところがあります。それは、20~30年前の方が、「25~29」「30~34」歳の時点での流入が現在よりも多いことです。つまり、2市・1町とも、就職期にUターンで流入する人が徐々に減少しているわけです。

就職期の年代の流出入の背景には、その時どきの景気や、雇用の受け皿、住宅環境など、様々な要因が重なりあっていると考えられます。

しかし、「15~19」「20~24」歳の進学時の流出はやむをえないにせよ、修学後のUJターンを促すための対応策を積極的に検討していくことが求められているような気がします。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。