大企業だけじゃない! 地元、新潟の中堅・中小企業に就職する大きなメリット!

写真

 

こんにちは、10年ほど前に四苦八苦しながら、就職活動を行った新潟経済社会リサーチセンターの銀山です。今日は地元の中堅・中小企業で働くメリットについてご紹介します。

なお、新潟での就職活動に関しては次の投稿もありますので、参考にしてみて下さい。

就職活動中の方、必見!経済調査担当者が教える新潟県内企業の探し方!!

新潟県就職活動向け!会社選びの3つのポイント

2017 新潟県内の就職活動で知っておいて欲しいこと

 

新潟には大企業ではなくても、優良企業が沢山ある!!

さて、今年から就職活動のスケジュールが大幅に変更され、経団連に加盟している大手企業を中心に、例年より遅い8月から採用選考がスタートしています。

私が就職活動した時もそうでしたが、現在でも、よく知っている有名企業を志望し、あまり知られていない企業には、関心が持てないという傾向は変わらないようです。

しかし、私が新潟の地方銀行で10年、地方シンクタンクで1年半を過ごして確信したことは、「新潟には、大企業ではなくても優良企業が沢山ある」ということでした。私が経験した銀行業務、シンクタンクの業務、どの業務においても、新潟の優良な中堅・中小企業を知る機会が多かったです。

新潟には沢山の企業があり、成長している企業や、既に確固とした営業基盤を構築している企業なども多く、就職活動をしている学生に就職先として推薦したくなるような中堅企業や中小企業が沢山あります。

 

地元の小さな組織で働く大きなメリット

採用活動を行っている中堅企業・中小企業の採用担当者のお話を伺うと、依然として、大企業志向の学生が多いとの声が多く聞かれます。

私自身も就職活動を行った時は、大手志向でした。その結果、従業員2,000人以上の大企業に就職しました。ただし、現在は縁あって、従業員16人の小さな組織で働いています。

大きい組織と小さい組織の両方を経験し、初めて、大企業で働くことのメリット、中堅・中小企業で働くメリット、それぞれを実感することができました。

たとえば、三浦紀夫著の『就職活動が変わる!優良中堅企業の見つけ方』をみると、中堅・中小企業で働くメリットを下記のようにまとめています。

 

① 社長との距離が近く会社の動きがよく分かる上に、成果が実感できる

② 様々な仕事に取り組めるし、若いうちから責任者を任されることもある

③ 高額の給料をもらっている人もたくさんいる

④ 幹部社員として活躍するチャンスが多く、経営感覚も身につけられる

⑤ 場合によっては、将来、起業する事も可能

⑥ スペシャリストの道を追求することもできる

⑦ 家族的な温かい雰囲気を持った会社がたくさんある

⑧ その会社でしかつくれない製品を開発する企業もある

「その通りだなぁ」と同感するとともに、経験上、個人的には「小さな組織では、個人の力量が問われる時があり、結果的にスキルアップにつながりやすい点」や、「組織が小さいため、上司の承認を得ることができれば、比較的、自分のやりたいように仕事ができる裁量が大きい点」などがメリットだと実感しています。

「自分の実力を試してみたい」「早いうちに1人立ちして、バリバリ仕事をしたい」という学生には、ぜひ中堅・中小企業で働くことを選択肢に入れることをお勧めします。

また、新潟での生活は、東京などと比べて家賃などの生活コストが安く済みます。コストに加えて、夫の通勤時間が全国平均57分のところ、新潟では28分と日本一短く(総務省「平成23年社会生活基本調査」)、生活しやすい環境と言えると思います。ちなみに東京圏の通勤時間は、神奈川90分、埼玉76分、千葉75分、東京66分と、新潟の2倍以上となっています。都会も良いですが、新潟で暮らすメリットも多いのではないでしょうか。

ただし、数多くある中堅企業・中小企業の中から自分に合った企業を探すのは、大変です。いくら、情報化が進んだといっても、まだまだ県内の中小企業の情報は手に入りにくいのが現状です。

また、情報を得ても、どのように判断すれば良いのかは難しいところです。

少し長くなりましたので、新潟県内の企業の探し方情報の活用方法などは、次回以降に続けて書きたいと思います。

 


 

 

他の新潟での就職活動に関するブログはこちら

就職活動中の方、必見!経済調査担当者が教える新潟県内企業の探し方!!

新潟県就職活動向け!会社選びの3つのポイント

2017 新潟県内の就職活動で知っておいて欲しいこと