どんな機能を持った食品が登場するのか?~新しい「機能性表示食品」制度の特徴とは~

 

こんにちは。新潟経済社会リサーチセンターの高田です。

いよいよ4月から「機能性表示食品」制度が始まりました。「機能性表示食品」とこれまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」とは少し違いがあります。

そこで、私なりに「機能性表示食品」制度の主な特徴をまとめてみました。

 

グリーンスムージー

 

「機能性表示食品」制度の3つの特徴

①事業者の責任で機能性を表示

「特定保健用食品(トクホ)」は、効果や安全性について国が審査します。そのため、国の基準を満たすための試験等に多額の費用がかかり、中小企業にとっては取り組みにくいものでした。また、「栄養機能食品」は、届出等は不要ですが、国が定めた規格基準に適合しなければなりません。

一方、「機能性表示食品」は、販売前に安全性や機能性に関する科学的根拠を消費者庁長官に届出が必要ですが、機能性表示を国の判断基準によらず、事業者自らが判断するという点が従来の制度と異なります。なお、事業者が消費者庁に届け出た科学的根拠の情報については、消費者庁のウェブサイトで公開されています。

「機能性表示食品」では、安全性と機能性に対する責任を生産・製造する事業者が負う必要があるものの、これまで基準が設けられていなかった成分や機能に対しても柔軟に取り組むことが可能となります。

 

②生鮮食品も表示対象となる

「機能性表示食品」では、加工食品だけでなく、生鮮食品も表示の対象となります。「特定保健用食品(トクホ)」も加工食品、生鮮食品の両方を対象としていますが、一般的には加工食品に表示することが多い印象です。もともと加工食品だけを対象としていた「栄養機能食品」では、今回の「機能性表示食品」制度の開始に伴って、新たに生鮮食品を対象に加えることになりました。

そのため、こうした機能性を持った食品は、従来、加工食品製造業者が取り組む分野と考えられていましたが、今後は農業者による取り組みが増加するものと期待されます。

 

③対象となる成分と表示方法が拡大

「特定保健用食品(トクホ)」では、「脂肪を消費しやすい」「血糖値が気になる人に適する」などの表示や、乳酸菌や食物繊維、キシリトールといった成分など、表示や成分には一定の制限があります。また、「栄養機能食品」も、対象が20成分(前年度までは17成分)に限られています。

これに対して「機能性表示食品」では、科学的根拠があれば、新たな成分やもう少し具体的な表示が可能になると期待されています。

 

以上の①~③をまとめると、「機能性表示食品」は、加工食品だけでなく生鮮食品も対象として、生産・製造する事業者の判断と責任で、機能性をより幅広く具体的に表示することができるという特徴があります。

 

 食品に期待される機能とは?

それでは、今後、どのような機能が期待されるのでしょうか。 当センターが、公益財団法人東北活性化研究センターと共同で実施した「機能性を有する食品の有効な認証・ ブランド化に関する調査・研究」(2014年3月)の中から紹介します。

新潟県内の消費者が今後利用してみたい機能

▲図をクリックすると、鮮明に見えます。

 

県内の消費者が今後利用してみたい機能は、「ダイエット・肥満予防」の割合が最も高く、次いで「疲労回復・滋養強壮」でした。

 

なお、毎日のように「特定保健用食品(トクホ)」を利用していますが、成果は……。

生活習慣全般の見直しが必要なようです。