2017年 新潟での桜の開花日・満開日は?

 

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

徐々に気温が上がり、春らしい日が増えてきました。春といえば…桜を思い浮かべる人も多いと思います。そこで、本日は桜の開花日・満開日について調べてみましたので、その結果をご紹介いたします。

 

新潟の桜 開花日と満開日 2017年

 

そもそも開花日と満開日とは?

新潟地方気象台のWebSiteによると、開花日とは

 

対象とする植物の花が数輪(ソメイヨシノは5輪以上)咲いた日

新潟地方気象台「生物季節観測」
(http://www.jma-net.go.jp/niigata/menu/obs_forecast/seibutsu.shtml)
2017年3月8日アクセス

とされています。

また、満開日とは

 

対象とする植物の花が80%以上咲いた日

新潟地方気象台「生物季節観測」
(http://www.jma-net.go.jp/niigata/menu/obs_forecast/seibutsu.shtml)
2017年3月8日アクセス

と決められているようです。

なお、新潟地方気象台では、桜を含めた植物を19種目、動物を16種目、観測しているそうです。このうち、主な植物はうめ、すいせん、つばき、たんぽぽ、いちょう、なし、あじさいなどがあげられています。それらの発芽、開花、満開、紅葉、落葉の日が発表されています。

一方、動物はうぐいす、もんしろちょう、つばめ、にほんあまがえる、かっこう、しおからとんぼ、あぶらぜみなどです。こちらも、対象とする動物の姿を初めて見た日である「初見日」や、対象とする動物の鳴声を初めて聞いた日である「初鳴日」がなどを発表されています。

私は知りませんでしたが、天候以外にも様々な観測がされていて、正直、びっくりしました。

 

過去の桜の開花日・満開日は?

気象庁や新潟地方気象台のWebSiteによると、近年の桜の開花日・満開日は下の表の通りとなっています。

 

新潟の桜の開花日と満開日

 

年によって10日前後のバラツキがみられます。ただし、ここ2年は比較的早く、開花日は4月2~3日、満開日は4月7~9日となっています。

気になる今年の開花・満開日ですが、民間事業者の予測をみると、概ね平年並みの開花が見込まれているようです。なお、新潟の平年値は上の表の通り開花日が4月9日、満開日が4月14日となっています。(新潟地方気象台のWebSiteによると、新潟市の桜の開花はこの50年で約5日早くなっているそうです)

 

まとめ

新潟県内の桜の名所と見ごろについては、公益社団法人 新潟県観光協会のWebSite「新潟県新潟県内の桜・花見ガイド」で一覧に表記されており、とても便利です。

見ごろの時期に合わせて、県内の各名所に足を運ばれ、春を満喫してみてはいかがでしょうか。