◯◯するだけ~簡単さを表現したキャッチコピー~

 

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

本日は、定期的に掲載している「事例で学ぶ!キャッチコピーの作り方」の第81回です。

優れたキャッチコピーは集客や売上アップに大きな影響を与えます。ビジネス心理学講師 酒井とし夫氏が雑誌・新聞・Webサイト・書籍などで見つけたお手本となるキャッチコピーを解説します。コピー作りの参考としてご活用ください。

 

売れるキャッチコピーの作り方

酒井とし夫先生のワンポイント広告コラム

広告コラム

今回のお手本キャッチコピー

『○○するだけで』

 

新聞広告をみていたらこんなコピーがたくさんみつかりました。

「指先ひとつで…」

「手足首につけるだけで…」

「入れておくだけで…」

「浸けおきするだけで…」

どれも手軽さ、簡単さをうたったコピーばかりです。

人は「問題や悩みを解決したい」と思っていますが、さらにこうも思っています。

「できるだけ簡単に、手間をかけずに、問題や悩みを解決したい」

だから、サービスの質や商品の高機能を訴求するより

「○○するだけで簡単にできる」

ということを訴求した方がコピーの反応は良くなります。

 

 

(酒井とし夫(2017)「ワンポイント広告コラム」『センター月報』2017年9月号)

 

 

感想

酒井先生がおっしゃる通り、人は「できるだけ簡単に、手間をかけずに、問題や悩みを解決したい」と思う時があります。私のような面倒くさがりの人が意外に多いのではないでしょうか。

そのため、「◯◯するだけ」といった表現や、「すぐに◯◯できる」「誰でも◯◯できる」「無理なく◯◯できる」といった言い回しに反応しがちな面があるのかもしれません。