なぜ?と問いかけるキャッチコピーが使われる理由とは…

 

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

本日は、定期的に掲載している「事例で学ぶ!キャッチコピーの作り方」の第77回です。

優れたキャッチコピーは集客や売上アップに大きな影響を与えます。ビジネス心理学講師 酒井とし夫氏が雑誌・新聞・Webサイト・書籍などで見つけたお手本となるキャッチコピーを解説します。コピー作りの参考としてご活用ください。

 

売れるキャッチコピーの作り方

酒井とし夫先生のワンポイント広告コラム

広告コラム

今回のお手本キャッチコピー

『当店のハンバーグ・ランチはなぜ人気メニューなのか?』

 

「なぜ」という言葉が入っています。人は「なぜ?」と問われると無意識に考え始めるので、広告に積極的に関与することになります。

さらに「なぜ※※※なのか?」という書き方は※※※部分が読み手にあたかもそれが事実だと認識させるコピーパターンになります。たとえば次のように

「当店のハンバーグ・ランチはなぜ人気メニューなのか?」

「なぜ、このサービスを利用したお客様の満足度は高いのか?」

「当社にはなぜ県外からも多くの問い合わせがあるのか?」

「酒井とし夫の商売繁盛心理学はなぜ多くの人に読まれるのか?」

「なぜ、この映画を観た多くの人が涙するのか?」

と書くと

「当店のハンバーグ・ランチは人気メニューである」「このサービスを利用したお客様の満足度は高い」「当社には県外からも多くの問い合わせがある」「商売繁盛心理学は多くの人に読まれている」「この映画を観た多くの人が涙する」ということを事実だと読み手に認識させることができるのです。

ちょっと注意をしてみると、雑誌の見出しや広告、サイトの大見出し等ではこのコピーパターンはよく使われているのが分かると思います。

さて、なぜ、このコピーパターンはよく使われるのでしょうか?

それは…、効果があるからです。

あなたの広告コピーにも応用して効果的なキャッチコピーを書いてください。

 

(酒井とし夫(2017)「ワンポイント広告コラム」『センター月報』2017年5月号)

 

 

感想

確かに、雑誌やチラシ、ダイレクトメール、Websiteの見出しには、「なぜ?」が含まれたキャッチコピーを目にする機会が多いです。酒井先生が説明されたとおり、頻繁に使われるのは使われるだけの「理由」があるようです。