7つの大問題~奇数を使ったキャッチコピー事例~

 

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

本日は、定期的に掲載している「事例で学ぶ!キャッチコピーの作り方」の第59回です。

優れたキャッチコピーは集客や売上アップに大きな影響を与えます。ビジネス心理学講師 酒井とし夫氏が雑誌・新聞・Webサイト・書籍などで見つけたお手本となるキャッチコピーを解説します。コピー作りの参考としてご活用ください。

 

売れるキャッチコピーの作り方

酒井とし夫先生のワンポイント広告コラム

広告コラム

今回のお手本キャッチコピー

『7つの大問題』

 

キャッチコピーでは「3」「5」「7」という奇数数字に訴求効果があることが分かっています(特に「3」が一番訴求効果が高い)。

そして「2」「4」「6」といった偶数だとなぜか締りがない感じになります。

「フェイスブックのシェアを増やす5つの秘密」
「英会話上達3つのコツ」
「好きなモノだけ食べて痩せた! 7つのポイント」

あなたもコピーに数字を含めるときには「3」「5」「7」といった奇数を使いましょう。

 

(酒井とし夫(2015)「ワンポイント広告コラム」『センター月報』2015年11月号)

 

感想

確かに私の周りを見ても、奇数が好きな人が多いような気がします。

また、偶数のキャッチコピーは何となくピリッとしない印象を与えるのかもしれません。例えば、上記の事例で紹介されているキャッチコピーも次のような表現ならばどう感じられるでしょうか?

「フェイスブックのシェアを増やす2つの秘密」
「英会話上達4つのコツ」
「好きなモノだけ食べて痩せた! 6つのポイント」

人によって印象は違うのかもしれませんが、「3」「5」「7」を使った方が良いような気もします。

何かをアピールする時は、ちょっとした数字の使い方にも気を付けたいものです。