手をかけずにすぐ◯◯~簡単、手軽さをアピールしたキャッチコピー事例~

 

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

本日は、定期的に掲載している「事例で学ぶ!キャッチコピーの作り方」の第43回です。

優れたキャッチコピーは集客や売上アップに大きな影響を与えます。ビジネス心理学講師 酒井とし夫氏が雑誌・新聞・Webサイト・書籍などで見つけたお手本となるキャッチコピーを解説します。コピー作りの参考としてご活用ください。

 

売れるキャッチコピーの作り方

酒井とし夫先生のワンポイント広告コラム

広告コラム

今回のお手本キャッチコピー

『手をかけずにすぐ1品』

 

主婦の調理の悩み上位は「献立を考えること」「時間を半減すること」「もう一品増やすこと」だそうです。ということはこれらの要素を含めたコピーは主婦の方の興味を引きやすい、ということになります。「手をかけずにすぐ1品」というコピーはこれらの要素を含んでいますね。

ターゲットの悩みが分かれば

「今日の献立に悩んだらコレ!」

「夕食作りで余った時間を楽しみたいお母さんのための簡単レシピ」

「お子さんの成長に欠かせない食卓のもう一品コーナー」

といったコピーも作成できます。ターゲットを明確にして、そのターゲットの悩みを知ることはコピー作りにとって大切な作業です。

 

(酒井とし夫(2014)「ワンポイント広告コラム」『センター月報』2014年9月号)

 

感想

ターゲットを明確にし、そのターゲットが何に悩んでいるのか?を知ることが商売の原点だと改めて認識しました。

そこが明確になれば、『手をかけずにすぐ1品』以外にも、「アッという間に作れる1品」「楽々作れる1品」「誰でもカンタンに作れる1品」など、同じようなキッチコピーが思い浮かぶようになると思います。