統計データから見るバスケットボールの参加人口

 

新潟経済社会リサーチセンターの江口知章です。

本日、12月21日は「バスケットボールの日」なのだそうです。そこで、本日はバスケットボールに関する統計データを調べてみましたので、その結果をご紹介いたします。

 

バスケットボール

 

「バスケットボールの日」とは?

まずは、なぜ12月21日が「バスケットボールの日」なのか?を調べてみました

12月21日はバスケットボールの日」委員会のWeb Siteによると、以下のように説明されています。

 

1891年12月21日はわれらが愛する“バスケットボール”のファースト・ゲームの行われた日なのです。

場所はアメリカのニューイングランドはマサチューセッツのスプリングフィールド。国際YMCAトレーニングスクール(現スプリングフィールド・カレッジ)でした。

創案者(考案者といった方が良いかもしれませんが)はジェイムス・ネイスミス博士。当時はそのトレーニングスクールの指導者でした。

上司より“冬季に、室内で、誰でもが楽しめるボールゲーム”というコンセプトでニュースポーツを考えてみてくれという提案があり、それを実現化したものなのです。

(中略)

これだけある球技でもそのオリジンと言いますか、発祥はまったくはっきりしていないのが現実なのです。

唯一、我がバスケットボールのみが発祥の日が判明しているのです。

「12月21日はバスケットボールの日」委員会のWebsite「宣誓 バスケの日

発祥の日が明確になっている球技はあまりなく、バスケットボールは珍しく?それがハッキリしているスポーツだったとは知りませんでした。

続いて、「バスケットボールの日」が制定された期日を調べてみました。

フリー百科事典「ウィキペディア」によると、以下のように説明されています。

 

2011年12月19日には「12月21日はバスケットボールの日!委員会」・NPO法人日本バスケットボール振興会・HOOPHYSTERIA等の団体がバスケットボール120歳を記念し、代々木第二体育館でバスケットボールの日制定式典を行った。式中では東京YMCAからバスケットボールの日の制定に対する感謝状が贈られた。

 

「バスケットボールの日」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。

2015年9月24日 (木) 06:41 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org/

つまり、2011年に制定され、今日は6年目の記念日になるというわけです。

 

バスケットボールの参加人口

続いて、バスケットボールを楽しむ人の数をみていきましょう。

具体的には、日本生産性本部「レジャー白書2016 ―少子化時代のキッズレジャー―」を活用させていただきます。「レジャー白書」は1979年から毎年実施されている歴史のあるデータです。調査方法や用語の説明などについては、こちらの「明日は映画の日~レジャー白書からみる映画の特徴~」で確認してみて下さい。

まずは、参加人口です。これは1年間に1回以上、当該スポーツをおこなった全国の人口を表すものです。下の表をみると、バスケットボールの参加人口は2015年で400万人となっています。スポーツ部門では第18位となっています。

 

スポーツ部門の参加人口

 

全体的にみると、1人で気軽にできるスポーツが上位を占めています。団体競技で、かつ激しいスポーツは上位には入りにくいようです。

 

バスケットボールの年間平均活動回数

加えて、そのスポーツをおこなった人の1人当たり年間活動回数の平均、いわゆる「年間平均活動回数」を加味すると、下の図となります。

 

スポーツ部門の参加人口と年間平均活動回数

 

体操、トレーニング、ジョギング・マラソンのように1人で手軽に参加できるスポーツは参加人口も年間平均活動回数も多くなっています。

また、エアロビクス・ジャズダンス、サイクリング・サイクルスポーツ、テニスなどは、参加人口が他のスポーツに比べて極めて高い水準にある訳ではないものの、参加した人の年間平均活動回数が多いスポーツだということが理解できます。

一方、バスケットボールをはじめとした球技やスキー・スノーボードのようなスポーツは、参加人口も年間平均活動回数も相応の数にとどまっているようです。

 

バスケットボールの参加人口の推移

参加人口の推移も下の図で確認してみましょう。

 

バスケットボールの参加人口

 

いずれの球技とも長期的にみれば、参加人口は低下傾向にあります。こうした中、バスケットボールはバレーボールと同様に、2013年を底に2年連続で上昇しています。性別にみると、近年、男性の参加人口が増えているようです。

 

バスケットボールの性別・年代別の参加率

バスケットボールを1年間に1回以上おこなった人(回答者)の割合を示した参加率について、2015年時点で性・年代別に明らかにしたのが下の図です。

 

バスケットボール・バレーボールの性・年代別参加率

 

当然ながら、授業や部活動の影響などもあって10代では参加率が男女とも高くなっています。

しかし、20代以降に急速に低下しています。特にバレーボールと比べると、バスケットボールの女性参加率の低下幅が大きくなっています。バレーボールの女性参加率がバスケットボールを上回っている背景には、いわゆる「ママさんバレー」の活動の成果があるのかもしれません。

 

バスケットボールの居住地域別参加率

最後に、バスケットボールの参加率を居住地域別に確認してみましょう。

 

居住地域別のバスケットボールの参加率

 

全国を24の居住地域に分けて、バスケットボールの参加率をまとめたのが、上の表です。サンプル数が少ないので、あくまでも参考程度ですが、第1位は「沖縄」となっています。以下「福岡」「静岡」などの順位となっています。

私たちの住む「新潟」は参加率3.8%で第15位となっています。全国平均の参加率が4.0%なので、概ね全国並みの参加率となっています。

 


 

【追記(2017年6月6日)】

部活動の人数 スポーツ競技種目別の人気ランキング【中学生編】(2017年5月17日)

部活動の人数 スポーツ競技種目別の人気ランキング【高校生編】(2017年5月22日)

の投稿に伴い、中学校と高校での競技別生徒数について、年度別推移を調べてみたので、念のため、下記のとおり、お知らせいたします。

詳細は上記投稿をご確認下さい。

中学校 部活 競技別推移 男子

部活動 競技別生徒数 女子 推移

高校 競技別スポーツ 推移 男子

高校 競技別スポーツ 推移 女子

 

感想

今年はバスケットボールの男子プロリーグである「B.LEAGUE(Bリーグ)」がスタートしました。バスケットボール界にとっては、記念すべき年となりました。

今後、「B.LEAGUE(Bリーグ)」の人気がより一層盛り上がることで、バスケットボールの参加率が10代で上昇するとともに、20代以降でも気軽に参加できる工夫が加えられることで、バスケットボールの参加人口が増えることに期待したいです。

なお、新潟県内には男子バスケットボールチーム「新潟アルビレックスBB」と、女子バスケットボールチームの「新潟アルビレックスBBラビッツ」があります。寒い冬の時期、観戦で熱くなってみてはいかがでしょうか。