新潟県内で最も集客力のあるイベントとは?

 

酒の陣は大盛況

酒の陣2015会場

はじめまして。新潟経済社会リサーチセンターの高田です。

3月14日、15日と毎年恒例の「新潟酒の陣2015」が朱鷺メッセで開催され、私も15日に行って来ました。来場者数は2日間で12万人弱と過去最高を更新したそうです。屋内イベントとしては、県内最大級の集客力と考えられます。

2014年度県内イベント

▲表をクリックすると、鮮明に見えます。

 

 

県内最大の集客イベントがスタート!

ところで皆さんは新潟県内で最も集客力の高いイベントをご存知ですか。屋内イベントは施設の収容力に制限があるため、やはり屋外イベントの方がたくさん人を集められます。

2013年観光地点入込数ベスト10

▲表をクリックすると、鮮明に見えます。

 

行祭事・イベントの入込数をみると、上越市・高田公園の観桜会が最も多くなっています。高田公園は「三大夜桜」の1つとして有名です。かつての「三大夜桜」は、高田公園と京都府の円山公園、長崎県の丸山公園でした。しかし現在の「三大夜桜」は、高田公園と青森県弘前公園東京都上野恩賜公園とされ、高田公園以外の2つが入れ替わっています。

高田公園の夜桜は、時代が変わっても評価され続けていますが、これもきっと地元の方々が美しさを守るために努力を続けてきたからなのでしょう。

そして、今年も4月3日から「上越市 高田城100万人観桜会」が開催されています。昨年の観桜会は、高田開府400年の節目だったこともあり、約1,313,000人と過去最高の入込数を記録しました。

今年は北陸新幹線、上越妙高駅開業後初めての観桜会となるため、昨年を上回り、過去最高の入込数を更新するのではないでしょうか。

なお、夜桜を見に行かれる方は、日によって防寒対策が必要となるかもしれませんので、ご注意を。えっ、新潟のお酒で体の中から温めるって…。それもまたいいですね。是非皆さんも新潟の美味しいお酒を味わいながら高田公園の美しい桜をご堪能下さい。